blank13(斎藤工監督)のあらすじ(ネタバレ)キャスト 公開日 主題歌は?世界中の映画祭に出展!

      2016/09/22

%e6%96%8e%e8%97%a4%e5%b7%a5

映像配信サービス「ひかりTV」プロデュースの4Kオリジナル映画『blank13(ブランクサーティーン)』のあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌などの映画情報!

俳優の斎藤工さんが「齊藤工」名義で監督業を行っているのをご存知でしたか?

今回ご紹介するのは『blank13』です。

現在制作中のこの映画は今年の冬に「ひかりTV」のビデオサービスで配信される予定です。

斎藤工さんが世界中の映画祭に出展することも明言するなどかなり力を入れた作品になっているようです。

今回は『blank13』のあらすじ(ネタバレあり)、キャストの役どころ、主題歌についてご紹介します。


スポンサードリンク



映画『blank13』基本情報

【公開日】2016年冬(映画上映日は未定)

【放送局】ひかりTV(NTTプララ)

【監督】齊藤工

【原作】はしもとこうじ

【脚本】西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)

【音楽】金子ノブアキ(RIZE)

 

『blank13』のあらすじネタバレ

「親父が見つかった」
兄からの突然の電話に戸惑う主人公のコウジ。その父親は13年前に「タバコを買ってくる」と言ったきり家に帰って来なかった人だった。さらにコウジを戸惑わせたのは、数日後に兄から告げられた「どうやら親父はガンで、あと3カ月の命らしい」という事実。ギャンブル好きで借金を残したまま家に帰って来なかった父親。母と兄は「恨みしかない」と言うが、コウジには「キャッチボールをしてくれた」という優しい父親としての記憶もあった。

果たして親父は13年間なにをしていたのか?そして現在も、母と兄の記憶の通りろくでもない人間のままなのか?それともコウジの記憶にある優しい父親なのか?

確かめるべく病院へ向かい父親と再会したコウジだったが、2人の間に出来た13年間の溝はうまく埋まらず、何もわからないまま、半年後に父親はこの世を去ってしまった。そして告別式当日。集まって来た参列者が次々と語る、父親のエピソードで取り戻せないと思っていた13年間の空白が埋まっていくコウジ。さらに母と兄も知らなかった事実が明らかになっていく。

実話を元にしたストーリーだそうですよ♪


スポンサードリンク



『blank13』のキャスト一覧

高橋一生(役:コウジ)

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e4%b8%80%e7%94%9f

出典:my-pro.co.jp

13年前に親父が失踪した主人公(演:高橋一生)

最近だと映画『シン・ゴジラ』でも重要な役を演じられていましたね!

2016年4月に放送された日本テレビ系テレビドラマ『僕のヤバイ妻』でも迫真の演技を見せていました。

2017年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも重要な役どころを演じるそうです。

最近の出演

・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
・僕のヤバい妻
・シン・ゴジラ

 

リリー・フランキー(役:父親)

%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

出典:www.rsdoublage.com

13年間失踪していたコウジの親父(演:リリー・フランキー)

父親役を演じさせると絶品の演技を披露する。

『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』が大ベストセラーとなるなどマルチに活躍。

今回は最も重要な役回りを演じます。

主な出演作品

・ぐるりのこと。
・海街diary
・シェル・コレクター

 

神野三鈴(役:母親)

%e7%a5%9e%e9%87%8e%e4%b8%89%e9%88%b4

出典:facebook.com

コージの母親。13年失踪していた夫の妻(演:神野三鈴)

舞台を中心に活躍している女優さん。

最近はテレビや映画でも活躍の場を広げている。

主な代表作品

・せいせいするほど、愛してる

 

主題歌

笹川美和『家族の風景』

 

最後に

斎藤工さんは元々作り手になりたくてこの世界に入ったそうですね!

今回はキャストを含め、非常に才能豊かな方々が制作に携わっているため、かなりの自信作となっているそうです。

日本の映画の底力というものを世界の映画祭で見せつけてほしいですね!


スポンサードリンク


 - あらすじ・キャスト, 映画