ジャイアント白田の現在の年収は8000万円?大食いから串カツ屋へ!

      2016/06/05

大食いタレントのジャイアント白田さんが24日深夜放送の『ヨソで言わんとい亭』に出演されていました。

現在はあまりテレビで見かけない人物として出演されていましたが、現在は大阪・道頓堀の方で串カツ屋を経営されているようです。

大食いタレントのときのMAX年収は?現在の年収は8000万円

いろいろ調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



<大食いタレントとなったきっかけ>

2000年ごろ、当時大学生だったジャイアント白田さんは、「寿司50皿(100貫)食べきれば賞金がもらえる」という寿司屋を見つけ挑戦します。

もともと寿司40皿をたいらげたことがあったそうで、らくらくクリアーしてしまったそうです。

「お腹いっぱいご飯が食べられて賞金までもらえる」

という二度おいしい企画の存在を知ったジャイアント白田さんは、その後ネットで同じような店を片っ端から調べ、食べに行っていたそうです。

ただし、「食べきれば無料」というお店には行かず、あくまでひたすら賞金狩りを行っていたそうです。

なんと2ヶ月で30万円も稼いだんだとか!

その噂を聞きつけたテレビ番組のスタッフがジャイアント白田さんをスカウトし、大食い番組に出演することが決まったそうです。

当時は草彅剛さん主演の「フードファイター」がブームとなったり、ギャル曽根さんやジャイアント白田さんなどのキャラクターの強い大食いタレントがいたため、一時代が築かれました。

なんと当時の年収は、2000~3000万円だったそうです!

食べるだけでこの額というのはびっくりしますが、大食いや早食いの仕事はとてつもなく大変だったようです。


スポンサードリンク



<ありえない大食い番組のスケジュール>

ある大食い番組に出演した際のスケジュールが、

・朝8時半から餃子2kg

・昼13時からゆでたまご80個

・深夜1時からかつ丼10杯

と、信じられない量を食べていたそうです。

いくら大食いといってもこれはきつかったそうです。

 

<大食いの人の特徴>

また、ジャイアント白田さんは番組内で興味深い話をしていました。

胃に食べたものがたまっていくと、大きくなった胃が体の前方に移動し、他の内蔵が後ろに移動するというのです。

司会を務められていた名倉潤さんも、「食べたあとみんなボコって後ろ出てるもんね!」と言っていましたし、大食いあるあるだそうです。

ちなみにそれだけ食べたものを詰め込める胃もジャイアント白田さんの場合は特別で、大きく膨らむそうです。

 

<現在の仕事は?>

2007年に大食いを引退したジャイアント白田さんは現在、大阪・道頓堀で串カツ屋を経営しており、なんとその店の年商8000万円だそうです!

1つの店舗の売り上げが年間8000万円ということですからね?

これはとてつもない数字です。

場所も激戦区の道頓堀ですが、とても人気店のようです。

ご本人がお店で接客も行っていますのでお店に行けば会えますよ!

たまにテレビに出たり営業にも行かれているそうなので、お店の収入と合わせて、現在の年収は1000万円~くらいでしょうか?

実業家としても素晴らしい!

たまたま大学生のときに立ち寄った寿司屋から運命が大きく変わったわけですから、人生何が起きるかわかりませんね!


スポンサードリンク


 - お金, グルメ, テレビ, 人物, 芸能