風見章子が死去!死因は認知症?夫や息子・妹は誰?日本を代表する大女優【訃報】

   

訃報です。

日本を代表する大女優の風見章子(かざみ あきこ)さんが死去されました。

享年は95歳。

95歳というご高齢ではありましたが、死因はいったい何だったのでしょうか?

今回は風見章子さんについて、「夫や息子・妹など家族に関すること」「認知症との関係は?」といった観点から調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



風見章子のプロフィール

◆名前
風見 章子(かざみ あきこ)

◆本名
中村 フサ

◆生年月日
1921年7月23日-2016年9月28日(享年95歳)

◆出身地
群馬県富岡市

◆職業
女優

◆所属事務所
放映新社

 

経歴

1936年に父親の勧めでエノケン一座に入団。

1937年、日活の女優オーディションに合格。

『時代の霧』で映画初出演。

1939年公開の映画『土』で主役に抜擢される。

1940年代後半から松竹・新東宝・東映などの映画に出演。

1960年代前後からはテレビドラマでも活躍。

1960~1970年代は“日本のお母さん”役で認知されていた。

90歳を超えてもなお現役の女優として活躍し続けた。

 

主な出演作品

映画

・土
・小原庄助さん
・また逢う日まで
・めし
・飢餓海峡
・白い熱球
・赤ひげ
・忘れられぬ人々
・理由
・スイートリトルライズ

 

テレビドラマ

・おやじ太鼓
・深夜にようこそ
・白鳥麗子でございます!
・華和家の四姉妹

など多数。

 

受賞

・第5回日本映画批評家大賞 : ゴールデン・グローリー賞 (1995年)
・第22回ナント三大陸映画祭 : 主演女優賞 『忘れられぬ人々』(2000年)
・第25回山路ふみ子映画賞 : 映画功労賞 『忘れられぬ人々』(2001年)
・第61回毎日映画コンクール : 特別賞 (2006年)


スポンサードリンク



夫(旦那)は誰?息子・妹など家族は?

風見章子さんは夫と結婚していましたが、旦那様が先に死別してしまいました。

大女優の夫ですから、過去に一世を風靡した役者さんなどとご結婚されたのかなと思いましたが、ネット上に情報がまったくありませんでした。

おそらく一般人の方なのでしょう。

 

夫と死別したあと、風見さんは妹さんと同じマンションに同居していたそうです。

ちなみに妹さんは風見さんの8歳年下。

御年82歳と妹さんも長生きされているようですね。

 

実は結婚した夫との間に息子がいる風見さん。

その息子の名前などはわかりませんでしたが、アメリカで暮らしているとの情報を得ました。

 

ちなみに風見さんにはお孫さんだけでなくひ孫もいらっしゃるんだとか!

家族がたくさんいて、一同会する機会があればにぎやかそうですね!

 

死因は?認知症との関係は?

所属事務所である放映新社の発表によると、風見さんはかねてより病気療養中だったとのこと。

死因が何かは公表されていませんが、95歳という年齢を考えると療養中だった病気、あるいは老衰という可能性が高いですね。

 

認知症だったのでは?との噂がありますが、2013年には『徹子の部屋』に出演するなどそのようなそぶりは見せていませんでした。

 

ではなぜネット上では風見章子さんと認知症がセットで検索されているのでしょうか?

おそらく『朽ちた手押し車』という映画で認知症を患っている女性の役を演じていたり、2008年にNHKで放送された『ゆうどきネットワーク』で「痴呆や認知症になるのは自分が悪い」といった問題発言の影響だと思われます。

 

最後に

“日本のお母さん”と呼ばれるような女優さんは数人しかいませんよね。

風見章子さんのご活躍は、きっと後世の人々へ伝わり続けると思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。


スポンサードリンク


 - 人物, 芸能, 訃報