こち亀 連載終了!理由や原因は?200巻刊行・アニメも復活したのに!ジャンプ42号で詳細語る!

   

大人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所こち亀』が連載終了することが作者の秋本治さんの口から発表されました。

いやぁー、びっくりです!!

せっかく200巻が刊行され、アニメも復活したのに・・・いったい理由や原因はなんなのでしょうか?


スポンサードリンク



神田明神での巨大絵巻物奉納式にて

本日9月3日(土)、長年行っている「こち亀」の巨大絵巻物(約7m)の奉納式が神田明神(東京都千代田区)にて行われました。

そこで秋本治先生の口から連載終了の報告があったそうです。

まんたんウェブでは以下のように報じています。

漫画家・秋本治氏(63)が3日、神田明神で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載40周年記念完全描きおろし巨大絵巻物奉納式に出席し、同作の連載終了を発表した。17日発売の週刊少年ジャンプ42号で詳細を発表する。

秋本氏は「びっくりさせて申し訳ない」。体調面での理由ではなく「終わっちゃうのは悲しいがおめでたいこと。200巻でくぎり」。「このおめでたい日に自分の口で発表したかった」と語った。「連載は終わるが物語りは終わらない。しかし終わりは終わり。今後は未定」とも明かした。

「こち亀」は交番勤務の両さんが東京の下町を舞台に巻き起こす騒動を描いた漫画。1976年から40年間、一度の休載もなく連載が続いており「少年誌の最長連載記録」のギネス記録を持つ。単行本は199巻、計1億4000万部以上を売り上げている。

神田明神は作中に度々登場するスポットで、その縁の深い場所に7メートル超の絵巻物を神宝として永年奉納した。


スポンサードリンク



連載終了の理由は一区切り!

秋本治先生は200巻を区切りとして終了させるようです。

40年休むことなく毎週『週刊少年ジャンプ』に連載し続け、今年64歳を迎える秋本治先生の体調不良などが心配されましたがそれはないようで安心しました。

確かに200巻はいい区切りなのかもしれませんね!

300巻までとなるとあと20年はかかる。

体調がいいうちにきっちりとした形で一度終了するのが秋本先生流なのかもしれません。

また復活する可能性だってありますし、残念ではありますが、秋本先生にゆっくり休んでもらいたいという思いもあります。

 

アニメの詳細

9月に復活するオリジナルテレビドラマ『こち亀』。

放送日は9月18日(日)午前9時~。

お馴染みの声優陣(両津勘吉:ラサール石井、秋本麗子:森尾由美、中川圭一:宮本充、大原大次郎:佐山陽規)が再登場します!

 

最後に

9月17日発売のジャンプ42号で連載終了の詳細を掲載するようです。

計1億4000万部以上を売り上げ、連載期間のギネス記録を持つお化け漫画がついに終了ですか。

やっぱり残念です!

まだ続けてほしかったですww


スポンサードリンク


 - アニメ