三坂知絵子(新海誠の妻)の経歴は?結婚の馴れ初めや子供についても!

   

新海誠監督(43)のアニメーション映画『君の名は。』が大ヒットしていることはみなさんご存知ですよね!

最終的には興行収入254億円を記録した『アナと雪の女王』超えも狙えるという声も上がっているそうです。

監督自身も様々なメディアに取り上げられ、とても注目を集めていますよね。

しかしこれまで新海誠監督の結婚に関する情報はあまり公にならなかったと思います。

そんな中、結婚した妻が女優の三坂知絵子さんであることが日刊ゲンダイの取材で明らかになりました。

そこで今回は、三坂知絵子がどのような人物なのか経歴やプロフィールを作成してみました。

新海誠監督との結婚の馴れ初めや子供についても調べましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



三坂知絵子のプロフィール

◆名前
三坂 知絵子(みさか ちえこ)

◆別名
成宮観音

◆生年月日
1977年8月7日(39歳)

◆出身地
山口県下関市

◆血液型
A型

◆学歴
山口県立下関西高校→早稲田大学→東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻 修士課程修了

◆職業
女優

◆所属事務所
有限会社ブレス

◆特技
卓球、見世物芸、山口弁、大阪弁、ダンス振り付け

 

経歴

下関西高校時代から演劇部で活躍しており、早稲田大学入学後は劇団木霊に入団。

2000年に北村龍平監督の長編デビュー作『Versus』のヒロイン役に抜擢される。

2007年には韓国の延世大学校で韓国語学堂を修了。

その後も舞台や映画を中心に女優として活躍。

 

また女優だけでなく裏方としても活躍。

成宮観音」という芸名時代はライターとして活動したり社会学者宮台真司さんの秘書のようなこともしていたそうです。

宮台さんの紹介で月刊誌『噂の真相』(現在は廃刊)編集部でアルバイトも行っていたこともあるそう。

2008年公開の映画『ブリュレ』では初プロデュースを行い、現在は新海誠監督作品の裏方仕事も行っているそうです。

 

出演作品

映画
・窓辺のほんきーとんく(2008)
・ブリュレ (2008) プロデューサー
・JOHNEN 定の愛(2008)
・実写版まいっちんぐマチコ先生 Go! Go! 家庭訪問!!(2007)
・愛に飢えた獣たち (2007)
・泳げない女(2005)
・しょじょ を かる (2003)
・近未来蟹工船 レプリカント・ジョー(2002)
・VERSUS -ヴァーサス-(2000)

ドラマ
・松本清張スペシャル・指(2006)
・三面記事の女たち -愛の巣-(2015)

舞台
・花と蛇
・家畜人ヤプー


スポンサードリンク



新海誠監督との結婚・馴れ初めは?

新海誠監督が女優さんと結婚していたとはびっくりしましたね!

今までは誰なのか明らかにされてこなかったのでおそらく一般女性だろうと言われていたんですがね!

どこで出会ったかという馴れ初めについてはわかりませんでしたが、過去に1度付き合って別れたあと、またよりを戻し結婚に至ったそうです。

 

新海監督は妻である三坂さんを大変信頼しているそうで、手掛ける作品の脚本をまず奥さんに見せるそうです。

三坂さんと意見が合わずケンカをすることもあるそうですが、そこで新たな発見もでき、のちのちいい作品に仕上がっていくんだとか!

ちなみに『君の名は。』の妻の評価は「すごく良いね!」と大絶賛だったそうです♪

 

子供は?

現在新海監督と三坂さんの間には6歳の娘さんがいらっしゃるということがわかっています。

幼稚園の年長さんくらいでしょうか?

父親の新海監督のアニメを見たり、母親の三坂さんの女優としての姿を見て育っているわけですから、将来的には娘さんがどのようなお仕事に就かれるか楽しみですね♪

 

最後に

新海監督には子供のためにもいい作品をこれからも作り続けてほしいですね♪

三坂さんには子育てで大変かとは思いますがこれからも女優として頑張り続けてほしいですね!


スポンサードリンク


 - アニメ, 人物, 映画, 気になる, 熱愛発覚, 結婚, 芸能