宮城公博(沢登り)の経歴 逮捕 結婚は?外道クライマーがクレイジージャーニーに出演!

   

クライマーの宮城公博さんが10月27日深夜に放送される『クレイジージャーニー』に出演されます。

ダウンタウンの松本人志さんとバナナマンの設楽統さん、小池栄子さんがMCを務めるクレイジージャーニーの出演者はまさにクレイジーでヤバい人ぞろいですよねww

そんなヤバい人として十分にあてはまるであろう宮城公博さんは今回、「命がけの沢登りを楽しむ男」として出演されます。

 

外道クライマー」という本を執筆するなどクライマーの中で異端な存在である宮城さんの経歴を年齢・逮捕・結婚といった様々な観点から調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



宮城公博のプロフィール

名前:宮城 公博(みやぎ きみひろ)

生年月日:1983年?月?日(33歳)

出身地:愛知県春日井市

職業:アルパインクライマー、沢ヤ(沢登りメインのクライマー)、NPO富士山側候所職員、地域探検家、登山家、作家

 

経歴

ヒマラヤ、カラコルムでのアルパインクライミングから南国のジャングルでの沢登りにいたるまで初挑戦にこだわり続け、国内外で数々の初登攀記録をもつ。

2009年、ヒマラヤ・キャジョリ峰北西壁への単独初挑戦。

2012年、那智の滝での逮捕によって7年間勤めた福祉施設を辞める。

2013年、立山称名滝冬期初登攀、台湾チャーカンシー初遡行、カラコルムK6西峰北西壁挑戦。

2014年、立山ハンノキ滝冬期初登攀、タイ46日間のジャングル初遡行など。

 

沢ヤとしてのこだわり

沢ヤとは「沢登りに異常なこだわりをもった偏屈な社会歩適合者」で、宮城さんは初挑戦にこだわり続けるクライマーです。

なぜ沢にこだわるかというと、「沢登りのゴルジュ突破」が肌に合ったからなんだとか。

ゴルジュとは両岸が立ち上がり迫った水路の事で、高い壁に囲まれ、水の流れる谷底の暗いところです。

一般的な山を登るのではなく、誰も行かない、見たことのないところに行くというのが宮城さんのクライマーとしてのこだわりなんですね!


スポンサードリンク



世界遺産を登ろうとして逮捕される

2012年、世界遺産『那智の滝』に登ろうとした宮城さんたちは、軽犯罪法違反容疑で逮捕されます

これもメディアに注目されたいというような発想ではなく、誰も登ったことのないところを登りたいという好奇心からの行動だったそうです。

 

世界遺産という神秘的な場所に立ち入りたい、登頂したいという思いはわかります。

しかし保護の観点から立ち入り禁止のところも多く、宮城さんのようなクライマーからするとむずがゆい思いを常に抱えているんでしょうね!

 

この逮捕で宮城さんは、7年間務めていた介護施設をクビになるなど社会的制裁を受けました。

しかし無職となったことで、46日間もタイのジャングルに行けるなど、沢ヤとしては大変貴重な時間ができたようです。

 

セクシー登山部

宮城さんたちはセクシー登山部というヤバい登山チーム(?)を結成しています。

具体的に何をされているかというと、セクシーな女性と登山やハイキングに行き、ときには雪山で裸になったり、あらぬ行為を行ったり・・・。

まぁかなりヤバいことも多々行っています。

正直逮捕されたことよりも、このセクシー登山部での悪行の方が、周りから外道扱いされる要因だと思いますww

 

結婚してる?

おそらく結婚しておらず独身と思われる宮城さん。

結婚にあまり興味はなさそうです。

女性はかなりお好きなようですがww

命をかけて冒険をされていますから、守るべき家族ができると何かと不自由な点も出てくるでしょうしね!

 

最後に

宮城さんが沢登りをしている映像を見るとびっくりされると思います。

「こんなところを登っていくのか!本当に死と隣り合わせじゃん!」

無謀な挑戦を行う宮城さんの生きざまは、真似はしたくありませんが男としてかっこいいと思います!

これからも頑張ってください!!


スポンサードリンク


 - テレビ, 人物, 気になる