生田目翼がドラフト指名漏れ!回避された理由はケガ?順位の縛り?

   

%e7%94%9f%e7%94%b0%e7%9b%ae%e7%bf%bc

ドラフト会議2016が行われましたね!

日本ハム大谷翔平と同級生の156km右腕・田中正義投手(創価大)などが順当に指名される中、注目選手の1人である生田目翼投手(流通経済大)が指名漏れしました。

多くの野球ファンが疑問に思ったと思います。

【ケガの影響?】

【上位指名限定など順位の縛りがあった?】

今回は生田目翼投手がなぜ指名回避されたのか理由を調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



まずは生田目翼投手がどのような選手かまとめましたのでご覧ください。

生田目翼のプロフィール

◆名前
生田目 翼(なばため つばさ)

◆生年月日
1995年2月19日(21歳)

◆出身地
茨城県常陸大宮市

◆身長・体重
174cm・76kg

◆投打
右投右打

 

経歴

常陸大宮市立村田小学校4年生のときに硬式野球を始め、常陸大宮市立第二中学校時代は軟式野球部に所属。

高校は水戸工業に進み、2年秋からエースとしてチームをけん引。

2年秋・3年夏に県大会8強進出を達成。

水戸工業高校時代の最高球速は145km。

流通経済大学進学後は1年春からリーグ戦に出場。

同級生で同じリーグに所属する田中正義(創価大)としのぎを削り、MAX155kmを計測するまでに成長。

3年時の全日本大学選手権ではチームを準優勝に導き、ドラフト上位候補となる。

主な球種は威力のあるストレートとキレの良いスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップ、フォーク。


スポンサードリンク



生田目翼投手が指名漏れした理由は?

今回のドラフト会議で生田目投手が指名漏れした原因は大きく分けて3つあると思います。

 

① けがの影響

順調にプロへの階段を上っていた生田目投手ですが、3年秋のリーグ戦中に肘を故障し、4年春には右肩痛を発症します。

4年春のリーグ戦では1試合も登板することなく心配されましたが、4年秋のリーグ戦で復帰。

10月10日に行われた高千穂大学戦では11三振を奪い1失点完投。

球速も150kmを記録し復活を印象付けました。

しかしプロのスカウトの目からすると、以前までの輝きが見られなかったのかもしれませんね。

 

② 将来性がない?

プロ野球の世界で戦っていけるか、選手の注目されるポイントの1つとして、体格があると思います。

今現在、日本のトップと言われる選手、特に投手だとダルビッシュ投手や大谷翔平投手などは190cm超え、田中将大投手や前田健太投手は180cm後半と身長の高い選手が多いです。

その中で生田目投手は174cm。

身長が高くなくても活躍している選手はたくさんいますが、伸びしろが他の選手よりないと思われたのでしょうか?

 

③ 上位でなければ指名拒否?

実はこの3つ目が1番の理由ではないかと思っているのですが、「ドラフトで上位指名でなければプロ入りしない」と生田目投手が公言していたというもの。

大学3年生の段階で、将来の進路は「地元の役所で公務員」と語っていた生田目投手。

「何が何でもプロ入り」という感じではなかったようですね!

もし「ドラフト上位ならプロ入り」という条件付きだったとすれば、ケガ持ちの生田目投手を上位指名するのはやめておこうとスカウトの方々が敬遠したのかもしれないですね。

 

今後の進路はどうする?

今のところ生田目投手がどのような進路に進むかはわかっていませんが、おそらく社会人で野球を続けるのではないでしょうか?

大学卒業してすぐプロ入りするよりもケガをしっかり治して、社会人からプロ入りというプランも十分にありだと思います。

 

最後に

私の周りの野球通の間でもケガ持ちとはいえ、生田目投手は上位指名されると思われていたので、正直びっくりしています。

本人が今どのような気持ちなのかとても気になりますね!

今はとりあえずリーグ戦真っ只中の生田目投手を応援したいと思います!


スポンサードリンク


 - スポーツ, プロ野球, 人物, 気になる