中川真依(飛び込み)の結婚相手の旦那は誰?妊娠は?引退の真相や成績は?

   

 

こんにちは、ミキマネです(^^♪

 

水泳飛び込み女子の中川真依さんが結婚していたことが明らかになりました。

おめでとうございます!!

 

中川真依さんは、2008年の北京、2012年のロンドンと2度オリンピックに出場し、国体では通算17回の優勝を誇る「飛び込みの女王」です。

飛び込み女子といえば、現在は板橋美波選手が有名ですが、その前の世代を支えていたのが中川真依さんなんですね!

美女アスリートとして有名でしたから、結婚された旦那がうらやましいです♪

 

今回は中川真依さんの経歴やプロフィールを調べました。

・結婚相手の旦那は誰?

・妊娠はしてる?

・引退の真相

・現在の活動は?

こういったことを調べましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



中川真依のプロフィール

名前:中川 真依(なかがわ まい)

生年月日:1987年4月7日

年齢:30歳(2017年4月現在)

出身地:石川県小松市

血液型:A型

身長/体重:156cm/52kg

学歴:小松市立高等学校→金沢学院大学経営情報学部スポーツビジネス学科卒業→金沢学院大学大学院修了

兄弟:兄、姉

 

経歴

小学1年生のときにトランポリン教室に通っていたが、練習に満足できず、プールに連れて行ってもらったのがきっかけで飛び込みを始める。

中学3年生で世界ジュニア選手権初出場。

小松市立高校時代は高校1年からインターハイ、国体で2年連続優勝。

高校2年から日本選手権2連覇。

2004年の北京五輪では決勝進出し、11位入賞

2010年の日本選手権で後ろ宙返り3回半抱え型(通称207C)を成功させ、総得点373.85で自身2度目の連覇(通算では5度目の優勝)。

2012年のロンドン五輪では、18位で予選敗退。

2014年には金沢学院大学博士前課程を終了し、練習の拠点をアメリカに移す。

2015年にはユニバーシアード大会3位入賞。

2016年9月の国体優勝をもって現役を引退。

 

主な成績

【国内】
2004年 日本選手権
高飛び込み 優勝
2005年 日本選手権
高飛び込み 優勝
2007年 日本選手権
シンクロ高跳び込み 優勝
2008年 日本選手権
高飛び込み 優勝
2010年 日本選手権
高飛び込み 優勝
【国際大会】
2005年 世界選手権
シンクロ高飛び込み 9位
2007年 ユニバーシアード
高飛び込み 3位
2008年 ワールドカップ
高飛び込み 6位入賞
2012年 ワールドカップ
高飛び込み 7位
2012年 ロンドンオリンピック
高飛び込み 18位
2015年 ユニバーシアード
高飛び込み 3位


スポンサードリンク



引退の真相は?

2016年9月に現役を引退した中川真依さん。

引退理由は腰痛の悪化

 

中川真依さんが出場していた10m高飛込みは、落下するスピードが50km/hを越え、飛び込む瞬間の衝撃はおよそ1トンと言われています。

腰が悲鳴を上げるのも無理ないですよね!

特に長年第一線で活躍されてきた中川真依さんのような選手には勤続疲労もあったでしょうし。

十分に休んで、身体を大切になさってください!

 

現在の活動は?

引退後は指導者として後進の指導を行う傍ら、オリンピックのための活動・講演、テレビ出演などを行っています。

HAB北陸朝日放送の『2時どき』では「2時どき応援団」として不定期出演しています。

 

結婚相手の旦那は誰?

中川真依さんの結婚相手の旦那さんは一般男性

名前・年齢・職業等は明らかになっていません。

 

2017年3月19日に京都府で結婚式を挙げた中川真依さん。

いつ入籍されたかは明らかになっていませんが、きっと現役中から付き合っていた方なのでしょうね!

 

妊娠はしてる?

2017年4月時点では中川真依さんが妊娠しているとの情報はありませんでした。

30歳を迎えられましたし、そろそろ子供が欲しいとお思いになっているのではないでしょうか?

今は夫と2人での新婚生活に満足されているかもしれませんがね♪

 

最後に

飛込みを小学1年生のころから始めるってすごいですね!!

高所恐怖症の私にはできません・・・。

これまで日本代表を支えてこられた中川真依さん。

今度は結婚した旦那を支えてあげてくださいね♪


スポンサードリンク


 - スポーツ, 人物, 結婚