NAOMIが難病『免疫力低下』で闘病中と告白!歌手としての現在や夫・中野浩一との子供は?

   

元競輪選手の中野浩一さんの奥様である歌手のNAOMIさん(52)が、難病『免疫力低下』で闘病中であることを自身のブログで告白されました。

同じく免疫力低下とみられ、歌手活動を休止されていた中森明菜さんが、本日12月4日にディナーショーを開催されるということで、NAOMIさんも告白に至ったそうです。

とても難しい病気のようですが、いったい免疫力低下とはどのような病気なのでしょうか?

今回は免疫力低下についてと、NAOMIさんの現在(歌手や事業)、結婚30周年を迎えた中野浩一さんとの間に子供はいらっしゃるのかなど調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



免疫力低下とは?

一般によく耳にする「睡眠不足や疲れで免疫力が低下している」という状態と、難病として扱われている免疫力低下は違うようです。

調べてみると、原発性免疫不全症候群というものがあり、NAOMIさんや中森明菜さんはこちらの病気に近いのではないでしょうか?

エイズなどのような後天的に免疫力が低下するものとは異なり、先天的に免疫系のいずれかの部分に欠陥がみられるそうです。

原因は様々で、原因が分からない場合も多いそうですから治療法も大変難しいのが現状なんだそうです。

 

どのような症状?

免疫力低下の主な症状は、様々な病気にかかりやすく、発熱を何度も繰り返したり、咳や鼻水が止まらないなど風邪の症状がなかなか治らないといったものがあるそうです。

重症の方だと、感染が改善せず、致死的となる場合もあるんだとか。

 

治療法は?

疾患・重症度によって治療法が異なるそうですが、軽症の場合は、抗菌薬の予防内服がかなりの効果を示すそうです。

重症複合免疫不全症などの重症の方は、早期に臍帯血や骨髄による造血幹細胞移植が選択されるそうです。ドナーが見つからない場合、アメリカなどでは遺伝子治療を施したことも過去にはあったそうです。

その他、疾患によっては免疫抑制剤や副腎皮質ホルモン(ステロイド)などの治療が必要となる場合が多いそうです。

 

このように確立した治療法があるわけではないようです。

ちなみにNAOMIさんは現在、病院に通院しながら治療を行っているそうです。

以上の医療情報は、難病情報センターより


スポンサードリンク



NAOMIの現在の活動は?

本名の小久保尚美名義で1983年に渡辺プロダクションから歌手デビューしたNAOMIさん。

1987年に競輪選手だった中野浩一さんと結婚し、30歳で現在の芸名に改名。

その後の活動はタレント・作詞家・事業家、事務所社長と様々。

 

現在は『アルカシェル』という芸能事務所の社長を務め、所属タレントには元モーニング娘。の加護亜依さんなどがいらっしゃいます。

また長年のシャネル・エルメス愛好者のNAOMIさんは、現在シャネル・エルメスのバッグの販売も行っているようです。

免疫力低下という病気と闘いながらも、こうしてバリバリお仕事をされているNAOMIさんには頭が下がりますね!

 

結婚した夫の中野浩一との間に子供はいる?

1987年に結婚したNAOMIさんと中野浩一さんですが、お二人にお子さんはいらっしゃらないそうです。

しかし今年で結婚30年を迎えた現在も2人の夫婦仲は良好のようです。

お子さんがいらっしゃらなくても素敵な家庭を築いている方はたくさんいらっしゃいますものね!

NAOMIさん達もそのような夫婦の気がします。

また加護亜依さんなど若い所属タレントさんなんかを娘代わりに可愛がっているのかもしれないですね!

 

最後に

NAOMIさんは2014年に自身のブログで、中野さんとの結婚2年目に『適応障害・過敏性大腸炎』にかかり、当時は病院でノイローゼと言われていたそうです。

今の医学の進歩で『免疫力低下』であることがわかったそうですが、完治するのは難しい病のようです。

周りの方々がNAOMIさんをしっかりサポートしていただきたいですね!

そして、少しでも同じ病気で苦しんでいる方へ勇気を与えるよう情報発信をし続けて頂きたいですね!


スポンサードリンク


 - 人物, 病気, 芸能