小澤怜史がすごい!3軍から1軍抜擢!成績や高校時代、彼女は?兄も注目!ソフトバンクホークス投手の経歴やプロフィール!

   

 

こんにちは、ミキマネです(^^♪

 

ソフトバンクホークスの小澤怜史投手の注目度が日に日に増していますね!

現在高卒2年目の小澤怜史投手は、昨年は2軍登板はなく、3軍での登板のみ。

それが2017年シーズンは開幕1軍にあと少しというところまで来ているんですからね~。

本当にすごいことです!!

 

今回は小澤怜史投手の経歴やプロフィールを調べました。

球速・球種、高校時代やプロに入ってからの評価に加え、彼女はいるのか、兄は誰なのかなども調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



小澤怜史のプロフィール

名前:小澤 怜史

読み方:こざわ れいじ

生年月日:1998年3月9日(18歳)

出身地:静岡県三島市

身長・体重:180cm・78kg

投打:右投左打

所属球団:福岡ソフトバンクホークス

プロ入り:2015年ドラフト2位

年俸:700万円

背番号:40

 

経歴

小学生の時に三島リトルジャイアンツで軟式野球を始める。

中学校時代はひとつ上の兄と共に静岡裾野リトルシニアに所属。

日本大学三島高校に進学すると1年生のころからベンチ入りメンバーとなる。

甲子園出場は果たせなかったものの、最速152km/hを記録するなどプロ注目選手となる。

2015年10月に行われたプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスからドラフト2位指名を受け、契約金6000万円、年俸700万円で契約を交わし入団。

 

どんな投手?球種や球速は?

ストレートの最速は高校時代にマークした152km/h。

球種はスライダー、カットボール、カーブ、フォーク。

2年目の春季キャンプ中はチームの主力で2015年トリプルスリーの柳田悠岐外野手に「小澤の球はヤバい」と言わしめるほどのボールを放っていました。

 

高校時代の評価は?

日大三島高校時代の小澤怜史投手は最速152km/h(静岡県高校野球史上最速)のストレートを武器に県内No.1投手として注目を集めていました。

2年秋の大会では背番号1を掴み、静岡県大会3位、東海大会ベスト4に貢献。

2年秋に右ひじ痛、3年春に左でん部痛に悩まされもしましたが、3年夏には甲子園出場を果たした静岡高校と2回戦で当たり、8回5失点で敗戦投手に。

甲子園とは無縁でしたが、地道なトレーニングで着々と実力をつけ、日大三島高校初のプロ野球選手となりました。

 

プロに入ってからの成績は?

ルーキーとして迎えた2016年シーズンは1・2軍での登板はなく、3軍の試合のみに出場していました。

3軍戦では18試合に登板して3勝5敗2セーブ、防御率4.81。

まだ新人なのでこれからに期待という評価でしたが、2017年の春季キャンプで一気に評価を挙げましたね!

まずは1軍初登板、ゆくゆくは新人王目指して頑張っていただきたいものです。


スポンサードリンク



兄・拓馬もすごい!?

小澤怜史投手にはひとつ上の兄がおり、高校も同じ日大三島高校の野球部に所属していました。

名前は小澤拓馬さんで、現在は日本大学国際関係学部に進学されています。

現在も野球を続けており、最速145km/hのストレートを武器にプロ入りも期待されています。

身長は173cmと小柄ながら80kg超えのがっちりした体型を誇っています。

怜史投手は小学・中学・高校と、常に前を走る兄・拓馬選手を見ながら努力に励んできたのでしょうね!

 

結婚してる?彼女はいる?

現在のところ、小澤怜史投手に結婚しているとの情報はありませんでした。

まだ18歳と若いですからね!

彼女がいるかどうかTwitter等で調べてみましたが、それらしい情報も見つからず。

まずは野球が大切ですので変な女性に捕まらないようにしていただきたいですねww

 

最後に

今はWBCでエースの武田投手や千賀投手、バンデンハーク投手などが抜けている状態ですので、1軍の試合に登板できるチャンスが与えられていると思います。

しかし選手層の厚いソフトバンク投手陣ですから、少ないチャンスをものにしたいですね♪

まずは開幕1軍を目指して頑張っていただきたいですね♪


スポンサードリンク


 - プロ野球