斎田大五朗を逮捕【画像有】常滑市議と岸田嘉成が詐欺で共犯!

   

斎田大五朗

こんばんは、ミキマネです(^^♪

愛知県常滑市の市議会議員、斎田大五朗容疑者(40)が詐欺容疑で逮捕されました。

また、すでに今年4月に逮捕され収賄罪で起訴されている元常滑市議の岸田嘉成被告(63)も詐欺容疑で逮捕されています。

市議会議員ともあろう人達が何をやっているんでしょうか!?

本当に許せないですね!

今回は斎田大五朗容疑者のプロフィールと今回の事件の詳細をまとめたいと思います。


スポンサードリンク



斎田大五朗容疑者のプロフィール

◎名前:斎田 大五朗(さいだ だいごろう)

◎学歴:常滑北高校→法政大学法学部法律学科卒

◎主な肩書き:土地家屋調査士(だいごろう登記事務所)

◎政治活動:常滑市議会議員(2014年4月26日~)

◎党派:無所属

 

法政大学在学中や卒業後も東京法経学院や東海工業専門学校熱田校、LECリーガルマインドなど専門学校や資格の学校に通い、非常に熱心に勉学に努められてきたようです。

専門は「土地や家屋」についてですから、後ほど出てきますが、何も知らず容疑を向けられてしまったでは言い訳がつかないと思われます。

それでは今回の事件の詳細を見てみたいと思います。


スポンサードリンク



今回の事件の概要

2014年7~9月ごろ、発電施設の整備予定地を所有する愛知県常滑市の無職女性(69)に対し、本来は支払わなくていい測量費約550万円を、斎田大五朗容疑者名義の預金口座に振り込ませたそうです。

この測量費は契約上、土地購入業者側の負担となるものでした。

斎田容疑者は女性にウソの説明を行い、測量費を払わせた模様です。

岸田嘉成被告は「金を2人で分けた」と語り、容疑を認めていますが、斎田容疑者は否認しているそうです。

 

斎田容疑者は土地や家屋についての知識が豊富ですから測量費は誰が払うのかということくらい分かっていたと思います。

これは言い逃れできない詐欺行為ですね!

 

岸田被告は4月に逮捕され、常滑市議を辞職している

岸田被告は太陽光発電施設の誘致に絡み100万円の賄賂を受け取ったとして4月15日に収賄容疑で逮捕され既に起訴されています。

賄賂を渡したのは測量会社・マス五社長の榊原慎介容疑者(52)ですでに贈賄容疑で逮捕され起訴されています。

また、マス五は被害に遭った女性の土地の測量もしていたそうです。

 

まとめ

正直、その道のプロのような方にウソの説明をされてもなかなか見抜けないですよね。

今回の事件はそんな弱者を痛めつける卑劣な犯行だと思います。

またそれを行ったのが市議会議員というんですから開いた口がふさがりません。

今後、斎田容疑者には市議を辞任していただき、しっかり罪を償ってもらいたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

トップ画像はこちらより


スポンサードリンク


 - お金, ニュース, 不祥事, 事件, 人物