設楽啓太は結婚してる?コニカ退部,退社の理由/移籍先はホンダ?不調の原因は?引退はせず!

      2017/09/24

こんにちは、ミキマネです(^^♪

 

コニカミノルタ陸上部の設楽啓太選手が3月末で退部、退社することが発表されました。

 

過去には東洋大学で箱根駅伝優勝などに貢献した設楽啓太さんは、大学卒業後、名門「コニカミノルタ」で日々練習に励んできました。

しかし近年は思うような成績を残せず、引退までささやかれいたようです。

 

今回は設楽啓太選手が結婚しているのか、コニカミノルタ退部・退社の理由、不調の原因、新たな移籍先について調べてみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



設楽啓太のプロフィール

名前:設楽 啓太(したら けいた)

愛称:けたしゃん

1991年12月18日(25歳)

出身地:埼玉県大里郡寄居町

血液型:O型

身長・体重:169cm・48kg

学歴:武蔵越生高校→東洋大学経済学部経済学科卒業

職業:陸上長距離選手

所属:コニカミノルタ陸上競技部(2014年4月~2017年3月)

趣味:野球観戦

家族:設楽悠太(双子の弟)

 

経歴

小学校6年生の時に陸上を始める。

武蔵越生高校卒業後は東洋大学に進学。

2012年1月に開催された第88回東京箱根間往復大学駅伝競走では、第2区を走り、東洋大学の総合優勝に貢献。

2013年1月に開催された第89回箱根駅伝では大学を2位に導き、その後主将に就任。

2013年2月17日に開催された第57回熊日30kmロードレースにおいて、1時間29分55秒のタイムで学生記録を更新。

2014年1月に開催された第90回箱根駅伝では、第5区を走り、弟・悠太(3区)と共に区間賞を獲得し、総合優勝に貢献。

 

2014年4月にコニカミノルタに入社し、陸上部に所属。

ルーキーイヤーから主力として活躍し、2014年の東日本実業団対抗駅伝競走大会ではエース区間2区を走り区間賞大会MVPを獲得。

2015年に介された全日本実業団ハーフマラソンでは、日本歴代10位となる1時間01分12秒を記録し5位入賞。


スポンサードリンク



コニカミノルタを退社・退部した理由は?

2017年3月をもってコニカミノルタを退社・退部する設楽啓太選手。

退社理由としては「環境を変えて心機一転、頑張るため」とのこと。

コニカミノルタとしては慰留に務めましたが、最終的には話し合いの結果、本人の意向を尊重する結論に至ったそうです。

 

ここ数年は不調でなかなか思うような成績を残せていない設楽啓太選手。

いったい何が不調の原因なのでしょうか?

 

不調の原因はケガ?競争激化?

2015年4月に行われた金栗四三選抜陸上5000mの部で日本人トップになって以降、ケガに泣かされるようになった設楽啓太選手。

ケガの影響で2016年1月に開催されたニューイヤー駅伝まで欠場を続けました。

 

その後は復活の予兆を見せていますが、ケガがなければもっと活躍できていたはず。

アスリートの世界にたられば話は禁物かもしれませんが、世界選手権やリオ五輪に日本代表として出場できた実力を持っている選手だと思います。

 

また、コニカミノルタは強豪なだけあって、山の神・神野大地選手やサムエル・ムワンギ選手などライバルが大変多いクラブです。

不調の原因の一つに、練習や試合での熾烈な競争についていけなくなった可能性がありますね。

 

9/20追記 日立物流への加入が決定!

コニカミノルタを退社後も、引退せず他の移籍先を探していた設楽啓太選手ですが、2017年9月20日、新たな所属先を発表しました。

9月16日付けで日立物流に入部・入社し、今後も陸上を続けるとのこと。

日立物流は2012年4月に同じ日立グループの日立電線マラソン部を譲り受ける形で発足し、千葉・松戸市を本拠地として活動しています。

現在は北口学監督(45)の指導の下、2017年のニューイヤー駅伝では10位に食い込んでいます。

新たな新天地で頑張っていただきたいですね♪

 

結婚してる?彼女はいるの?

2017年3月現在、結婚したという発表は行っていない設楽啓太選手。

おそらく現在も独身だと思われます。

 

大学時代は彼女と思われる女性とTwitter上で絡んでいたそうですが、現在彼女がいるかについては不明でした。

しかし、今年のバレンタインも数多くのチョコレートをもらっており、人気は健在のようです。

ちなみに好きな女性のタイプは「優しい人」で、元AKB48の大島優子さんの大ファンだそうです。

 

最後に

日本の陸上界はプロ化が難しいですね。

どこかがスポンサーについてくれればいいのですが、クラブに所属して実業団選手として大会に出場するのが今のスタンダード。

特に今の日本人男子の長距離は世界でもレベルが低いため、プロ化は難しいですよね。

設楽啓太さんの移籍が無事成立したようで、正直ホッとしましたww


スポンサードリンク


 - スポーツ, 引退の真相