杉浦正則の現在!結婚してる?プロ入りしなかった理由は?日本生命の営業,高校野球解説としても活躍!

      2017/02/22

 

こんにちは、ミキマネです(^^♪

 

杉浦正則さんが、2月24日(金)放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW! 特別エンターテインメント『人生が二度あれば 運命の選択』」に出演されます。

杉浦正則さんといえば、プロ野球選手として十分に活躍できる能力がありながら、あえてアマチュアの場で戦い続けた、「ミスターアマ野球」と評される人物です。

彼がオリンピックで日本代表として戦う姿には、多くの方が熱い声援を送っていました。

また、野球ファンからすると、「もし、杉浦がプロに入ったら通用したのか?」といった話題もよく飛び交ったものです。

 

今回はそんな杉浦正則さんの現在について調べてみました。

経歴やプロフィール、またプロ入りしなかった理由にも迫ってみましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



杉浦正則のプロフィール

出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/team/amateur/2015/asianchampionship/sugiura_masanori.html

名前:杉浦 正則(すぎうら まさのり)

生年月日:1968年5月23日(48歳)

出身地:和歌山県伊都郡九度山町

身長・体重:180cm・80kg

ポジション:投手

投球・打席:右投右打

学歴:九度山町立九度山中学校→和歌山県立橋本高校→同志社大学商学部卒

職業:現・日本生命会社員、元野球選手、日本生命硬式野球部元監督

 

経歴

~学生時代~

橋本高校時代は投手として、1986年の春季高校野球和歌山県大会優勝に貢献。

同志社大学進学後は立命館大学の長谷川滋利投手(のちにオリックス→エンゼルス→マリナーズ)と共に関西学生リーグでしのぎを削る。

大学時代の成績は57試合登板で、23勝14敗、防御率1.57.

1990年秋季リーグでは5勝を挙げ、同志社大学の14季ぶりの優勝に貢献、最優秀選手に選ばれる。

その後に行われた明治神宮野球大会でも優勝を果たす。

 

~社会人時代~

1991年に大学卒業後、社会人・日本生命に入社。

チームを2度の都市対抗野球大会優勝に導き、2回橋戸賞(MVP)を受賞した。

1992年に行われたバルセロナオリンピックに野球日本代表に選ばれ、銅メダル獲得に貢献。

1996年のアトランタオリンピックでも日本代表として銀メダル獲得に貢献。

2000年に開催されたシドニーオリンピックでは、初めてプロ野球から選手が参加する中、経験を買われて代表に選ばれ、選手団主将も務めた(結果は4位)。

 

~現役引退後~

2000年シーズン終了後に現役を引退し、2001~2004年までは日本生命の投手コーチに就任。

2005年は社業に専念したのち、2006年より監督に就任。

同年の社会人野球日本選手権大会でチームを準優勝に導く。

2009年限りで監督を退任し、2010年より、NHKで高校野球の解説を担当。

2015年より社会人野球日本代表コーチに就任した。

 

現在は何をしている?

2015年に社会人野球日本代表の投手コーチに就任した杉浦正則さん。

現在は何をされているかというと、自身が所属する会社・日本生命で法人営業を行っているとのこと。

今も指導者として活躍されていると思っていましたが、今はいわゆる普通のサラリーマンなんですね!

そういえば、昨年まで社会人野球の日本代表監督だった安藤強氏(現・東海大学監督)が退任を発表され、杉浦さんが次期代表監督の候補に挙がっていました。

結局は元東京ガス監督の石井章夫氏が就任したんですが、杉浦さんが将来監督をされるのは間違いないでしょうね!


スポンサードリンク



現役時代のどんな投手だった?球速や変化球は?

現役時代の杉浦投手は、右投げスリークォーターから、最高球速149km/hのストレートと、キレ味鋭いスライダーやフォーク、カーブ、シュートなど多彩な球種を正確な制球力で操りました。

また高校・大学・社会人常にエースとしてチームを引っ張り、日本代表として国際経験も豊富。

杉浦投手のオリンピック通算5勝は、今でも野球のオリンピック記録です。

まさにミスターアマ野球といったところですね!

 

なぜプロ入りしなかった?

社会人野球の選手はプロ志望届の提出も必要ないため、ドラフトにかかってもおかしくなかった杉浦正則さん。

それでもプロ入りしなかった理由は、「オリンピックで金メダルを取りたかったから」です。

過去には何度も各球団からプロ入りの誘いがあったものの断っていたそうです。

 

当時はオリンピックにプロ野球の選手が出場することはできず、アマチュアであり続ける必要がありました(2000年よりプロも参加)。

杉浦さんが選手として全盛期のときにプロも参加OKだったら、きっとプロ入りしていたでしょうね!

 

投手としての能力は抜群、身長は180cmとプロ野球選手としても十分な体格。

かつて元ロッテ監督のボビー・バレンタインさんは、「ニューヨーク・メッツ(MLB)で投げてほしい」とさえ、語っていました。

 

結婚はしてるの?子供はいる?

あまりプライベートなことに関しては情報があまり知られていない杉浦正則さんですが、実は1998年に一般の方とご結婚されています。

当時日本代表だった杉浦さんは結婚式で奥さんに「シドニーに連れていく」と語っていたそうです。

選手人生としては晩年だったにも関わらず、本当に奥さんをシドニーの舞台に連れていかれてすごい方ですね!

子供がいるかについては現在のところ不明でした。

 

最後に

番組ではくりぃむしちゅーの上田晋也さんからインタビューを受けています。

現在は日本生命の法人営業を担当されている杉浦さん。

今後はまた指導者としてアマチュア野球界発展に貢献していただきたいですね♪


スポンサードリンク


 - スポーツ, テレビ, プロ野球, 人物, 引退の真相