田原誠次(巨人)が彼女と結婚!嫁の大隈優子とは誰?子供は?ほっぺたの傷はなぜ?

   

 

こんにちは、ミキマネです(^^♪

 

巨人の田原誠次投手がこれまで交際されていた彼女とご結婚されたことがわかりました。

おめでとうございます!!

 

気になるお相手は大隈優子さんという方。

一般の方には珍しくお名前を公表されてお付き合いされていたんですね!

 

今回は田原誠次投手の結婚された嫁、大隈優子さんとはいったい誰なのか、また田原誠次投手に子供はいるのか、ほっぺたの傷はなぜついたのか調べましたのでご覧ください。


スポンサードリンク



田原誠次のプロフィール

名前:田原 誠次(たはら せいじ)

生年月日:1989年9月2日(27歳)

出身地:宮崎県延岡市

学歴:延岡市立岡富小学校→延岡市立岡富中学校→聖心ウルスラ学園高等学校卒

プロ入り前:三菱自動車倉敷オーシャンズ(社会人)

身長・体重:180cm・80kg

投打:右投左打

プロ入り:2011年ドラフト7位

年俸:4500万円(2017年)

背番号:63(2012年)→37(2013年~)

 

経歴

岡富小学校3年時にソフトボールを始め、岡富中学校では軟式野球部に所属。

聖心ウルスラ高校に内野手として入部し、2年秋から投手に転向。

打撃投手を務めていた際に制球難からサイドスローに転向。

3年夏は全国高等学校野球選手権宮崎大会2回戦で敗退し甲子園出場はなし。

高校卒業後、社会人野球の三菱自動車倉敷オーシャンズに入団すると、1年目から公式戦に登板し、2年目から主力として活躍。

4年目の2011年、伯和ビクトリーズの補強選手として第82回都市対抗野球大会の本戦に出場。

 

2011年10月、2011年度プロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから7位指名を受け、入団。

2012年6月11日にプロ初登板を果たす。

2012年8月9日、中継ぎでプロ初勝利を挙げると、翌日も勝利投手に。

その後は巨人の貴重な中継ぎとして活躍し、2016年は自己最多の64試合に登板する。

 

投手としての特徴・成績

 

右サイドハンドから140km/h中盤のストレートに加え、スライダー・カーブ・スローカーブ・チェンジアップ・シンカーと多彩な変化球を操る。

打たせて取るピッチングが持ち味だが、そこまでコントロールがいいというわけではない。

2016年シーズンは64試合に登板し、4勝3敗、防御率3.46、WHIP1.43

プロ通算141試合に登板し、7勝4敗28H、防御率3.17、WHIP1.25

 

2016年シーズンは、野球賭博で抜けた高木京介投手や笠原将生さんの穴を埋めるように酷使されましたねww

とりあえず田原」ってな感じで、ホントによく助けられました。

しかし野手がベースカバーに入っていない塁へ投げるなど、凡ミスが多い一面も。

打球処理時の状況判断があまり得意ではないというのがたまに傷なんですが、それだけ打者を抑えるのに必死ということでしょうね!

2017年も中継ぎの中心として頑張ってください!!


スポンサードリンク



彼女と結婚!嫁の大隈優子って誰?

2017年3月22日、田原誠次投手は彼女の大隈優子さんの誕生日に婚姻届けを提出しました。

妻となった大隈優子さんの職業は家事手伝いで年齢は29歳。

田原投手の2歳年上の姉さん女房ということですね!

現在は神奈川県内で同棲生活をスタートさせており、挙式・披露宴は今年のオフに予定しているそうです。

 

2人の出会い・馴れ初めは?

田原誠次投手が巨人に入る前の2008~2011年に所属していた三菱自動車倉敷オーシャンズ。

大隈優子さんとはその時、共通の友人を通じて知り合ったそうです。

田原誠次投手がひとめぼれし、2013年6月に交際がスタート。

プロ入りから6年目を迎える2017年シーズン開幕前、結婚に至ったのでした。

 

大隈優子さんは再婚!6歳の子供がいる!

嫁の大隈優子さんは実は離婚経験ありで、田原誠次投手とは再婚

また6歳になる息子さんがいらっしゃるそうです。

そういうこともあって、交際してすぐに結婚とはいかなかったわけですね!

ちなみに現在、妊娠しているとの情報はありませんでした。

家族3人、これからもお幸せに♪

 

田原誠次投手の右のほっぺたの傷はなぜついた?

2015~2016年、プロ野球界を震撼させた野球賭博問題

多くのジャイアンツの選手が関与していたことが発覚し、野球界を追放されました。

 

そのとき同じく野球賭博にかかわっていたのではないかと疑われたのが田原誠次投手でした。

ほっぺたにヤ○ザに切り付けられたような傷がある」からです。

一時期は野球賭博で何か重大なミスをやらかして、切り付けられたんじゃないかとまで言われていました。

しかし実際は、田原誠次投手が2歳のころつけた傷が未だに残っているだけのようです。

これ以上野球賭博にかかわっていた人間がいると巨人の中継ぎ陣が壊滅状態になってしまうため一安心でした。

 

最後に

家族という守るものができて責任感が増すと思います。

2017年もぜひ巨人の中継ぎの中心として頑張ってくださいね!


スポンサードリンク


 - スポーツ, プロ野球, 熱愛発覚, 結婚