谷村孝(バレー)が死去。死因/原因は心筋梗塞。結婚してる?嫁や子供は?

   

訃報です。

元バレーボール日本代表の谷村孝(たにむら こう)さんが9月3日に死去されました。

享年は35歳。

死因は心筋梗塞とのこと。

ご冥福をお祈りいたします。

 

あまりに急すぎる死に、多くのバレーファンから悲しみの声が上がっています。

昨年までパナソニックで現役として元気にプレーしていたため、ただただ信じられないという気持ちです。


スポンサードリンク



谷村孝のプロフィール

名前:谷村 孝

読み方:たにむら こう

生年月日:1982年8月15日~2017年9月3日(享年35歳)

出身地:福岡県飯塚市

血液型:B型

身長・体重:194cm・82kg

学歴:飯塚市立筑穂中学校→福岡大学附属大濠高等学校→中央大学卒業

職業:男子バレーボール選手

利き手:右

ポジション:ウイングスパイカー、リベロ

所属チーム:パナソニック・パンサーズ

 

経歴

筑穂中学1年のときにバレーボールを始める。

中央大学在学中の2004年、全日本代表に初選出され、同年に開催されたワールドリーグに出場。

2005年にVリーグ(現・Vプレミアリーグ)のパナソニック・パンサーズに入団。

2015年2月21日の対堺ブレイザーズ戦に出場し、通算出場試合数が230試合となり、Vリーグ栄誉賞の受賞資格を得た。

2016年に現役を引退。

2017年9月3日昼に急逝した。享年35歳。


スポンサードリンク



35歳で死去。死因となった心筋梗塞とは?

谷村孝さんが35歳というあまりに早い死を遂げました。

死因となった心筋梗塞とは、Wikipediaによると、

心筋梗塞は、虚血性心疾患のうちの一つ。
心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈血管に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。
通常は急性に起こる「急性心筋梗塞 (AMI) 」のことを指す。
心臓麻痺・心臓発作とも呼ばれる。

とのこと。

お年寄りだけでなく、若者でも突然死の原因となるケースの多い病気ですね。

 

心臓の血管に動脈硬化が起こって血栓血の塊)ができ、それが心臓の血管に詰まると、詰まった先の血管には血液が流れなくなり、心臓の筋肉に栄養や酸素が運ばれないため心臓の筋肉が死んでしまい、心筋梗塞となります。

 

心筋梗塞が起こる原因としては、

・年をとること
・脂肪分の多い食事
・アルコールの飲み過ぎ
・喫煙
・ストレス
・運動不足
・肥満などの生活習慣

などが深くかかわっているそうです。

すでに引退していたとはいえ、運動不足や不規則な生活とは無縁そうなアスリートの谷村孝さんが心筋梗塞で亡くなるとは信じられませんね。

 

結婚してる?嫁や子供は?

谷村孝さんは結婚し、奥様がいらっしゃいます。

母校の中央大学バレーボール部の友人(?)と見られる方のブログで、2011年6月18日に結婚式を挙げられた様子がつづられていたからです。

 

子供がいらっしゃるかどうかについては不明でした。

ご両親・奥様も、あまりの突然のことに信じられないといった気持ちでしょうね。

 

最後に

心筋梗塞は本当に恐ろしいですね。

ご家族、ご関係者の方々には心よりお悔やみ申し上げます。


スポンサードリンク


 - スポーツ, 人物, 訃報