東京タラレバ娘(ドラマ)のあらすじ(ネタバレ) キャスト 主題歌は?名言集も!主演は吉高由里子!

   

日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』のあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌などのドラマ情報!

『家売る女』や『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』と美女が主役の作品を提供している水曜夜10時の日本テレビ系連続ドラマ。

特に『校閲ガール・河野悦子』には注目が集まっていますね♪

2017年1月期は『東京タラレバ娘』です。

漫画家・東村アキコさんによる累計発行部数180万部を突破した同名人気コミックを実写化した作品です。

今回は『東京タラレバ娘』のキャストの役どころ、過去の出演作品、あらすじ(ネタバレあり)、主題歌についてご紹介します。


スポンサードリンク



ドラマ『東京タラレバ娘』基本情報

【放送時間】水曜 夜10:00~

【放送局】日本テレビ

【前回放送】地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

【脚本】松田裕子

 

『東京タラレバ娘』のあらすじネタバレ

鎌田倫子30歳、独身、売れない脚本家。
彼氏もおらず、親友の香・小雪と3人で居酒屋で女子会ばかり繰り返す日々。
「キレイになっ“たら”もっといい男が現れる!」
「好きになれ“れば”ケッコンできる!」
そんな話ばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい、ハタと厳しい現実にブチ当たる。
「あれ? あたしたちってもう女の子じゃないの?」
オトナになりきれないまま30代に突入したヒロインが、幸せを求めて、
恋に仕事に悪戦苦闘、右往左往する――。

結婚したいアラサー女性の胸に響く内容になっていますww

 

『東京タラレバ娘』の名言集

・タラレバばかり言ってたらこんな年になってしまった

・恋も仕事もうまくいかないアラサー女の使えるモノは貯金だけ

・あんたらのソレは女子会じゃなくてただの・・・行き遅れ女の井戸端会議だろ

・出会いがないとボヤき続けて早10年

・私達が焦ってるのは「結婚」というリミットのせいであって、恋愛にはタイムリミットなんてない

・不思議。女って恋をすると、とたんに元気になる

 

などなどこちらは抜粋ですが、他にもアラサー女性の心にグサッとくる名言が数多くあります。

ドラマを観ながら名言を探してみるのも楽しいかもしれませんよ♪


スポンサードリンク



『東京タラレバ娘』のキャスト一覧

吉高由里子(役:鎌田倫子)

%e5%90%89%e9%ab%98%e7%94%b1%e9%87%8c%e5%ad%90

恋人もおらず、仕事も行き詰っている脚本家(演:吉高由里子)

連ドラの主演は2014年前期に放送されたNHK連続テレビ小説『花子とアン』以来約2年ぶり。

ここ最近は主にCMや舞台で活躍していましたが、話題作の主演で満を持して連ドラに帰ってきます。

最近の出演

・花子とアン
・ガリレオ
・ヴァンパイア検事2
・私が恋愛できない理由

 

主題歌

現在のところ、主題歌はまだ決定していません。

決まり次第、随時更新していきます!

 

スタッフ一覧

【脚本】松田裕子

【チーフP】伊藤響

【プロデューサー】加藤正俊、鈴間広枝、鈴木香織

【演出】南雲聖一

 

最後に

今回主役を演じる吉高由里子さんは、原作を読んで思わずケラケラ笑ってしまったそうです。

内容がリアルで共感できる(吉高由里子さんは現在28歳独身)と、ドラマの収録を楽しみにしているそうです!

原作者の東村アキコさんてヒットメーカーですね!

他には『主に泣いています』(2012年フジテレビでドラマ化)、『海月姫』(アニメ・映画化)などがあるそうです。

2017年1月放送開始とまだまだ先ではありますが、久々の吉高由里子さん主演のドラマで楽しみですね!!


スポンサードリンク


 - ドラマ~2017年1月クール~